税理士法人 税制経営研究所

〒160-0008 東京都新宿区四谷三栄町12番5号 ライラック三栄ビル 2階

業務のご案内

国際税務

国際税務とは何か?

企業・個人等にかかわらず、外国との関係で生じる税金問題

  • 企業や個人事業者であれば、外国企業と取引した、従業員を海外出張させた、などと言った場合にも生じます。
  • 個人であっても、海外に資産を保有している、海外で収入がある、子供が海外に住んでいる、などと言った場合に生じる可能性があります。
  • つまり、国際化の時代、事業を行うほとんど全ての企業・個人が直面する税金問題と言えるでしょう。

国際税務におけるリスクとは?

国際税務の対象となっている認識がない
課税対象であることを知らなかったり、知らぬ間に課税されていたりすることがあります。
様々な税金の対象になる
法人税だけでなく、付加価値税(消費税)、源泉税、相続税、個人所得税など多岐に渡ります。
税額が多額になるケースも
中には、取引額を課税対象とする税金がありますので、税額が多額になる場合があります。
更に加算税等の対象にも
認識がないため後になって指摘される場合があり、そのため加算税等が課されることも考えられます。

どう対応すればよいか?

まずは状況を把握 ⇒ 専門家に相談

  • 専門家を選ぶ際には、以下の点が重要です。
  • (1)国際税務の知識及び経験があること(知識はあっても、実際の経験がある税務の専門家は多くありません)
    (2)当事者の身になって問題解決にあたってくれること(知識・経験があっても、アドバイスをして終わりということもあります)

国際税務を活用した節税とは?

既に生じたまた生じる国際的な税務問題を解決するだけでなく、国際税務を活用することで税金の負担を軽減することも可能

  • 簡単に節税を行うことはできません。必ずリスク管理をすることが必要になってきます。

国際的な事業展開の程度に応じた国際税務の例

国内消費税 国外源泉税 外国での付加価値税 外国でのPE課税 外国での個人所得税
移転価格税制 タックスヘイブン税制 国外配当益金不算入・外国税額控除・租税条約など 国際税務戦略
国際相続 社会保険 外国所得税

その他、外国には様々な税金があります。まず、ご相談下さい。

川越事務所のページ
清水事務所のページ
リンク

PAGETOP